%e6%a8%aa%e6%b5%9c%e5%b8%82%e4%b8%ad%e5%a4%ae%e5%8d%b8%e5%a3%b2%e5%b8%82%e5%a0%b4-8
【2016年度横浜市経済局 消費生活協働促進事業/「地域を知る」「エシカルを知る」ソーシャルな消費者養成講座】

 日々の暮らしの中で、社会や環境に配慮しようとする考えや、その考えを取り入れた商品を「エシカル」といいます。「エシカル」とは「倫理」のことです。自分の使うものが、どのような方法で、誰によって作られているのか知ったうえで選びたい。日常のなかで、「エシカルなモノ選び」をしていきたい、という方が増えています。横浜市内の各種団体との協働で、食育・地産地消、環境保全、リサイクル、フェアトレードなどをテーマにした、講座やセミナーを実施しています。

 セミナーとしては最終回となる第5回は、ふだん消費者が入れない「横浜市中央卸売市場」(神奈川区)を視察して、野菜の流通について知ることから、わたしたちの消費のあり方を考えます。

横浜市中央卸売市場 横浜市中央卸売市場は日本国内で三番目、東日本で初となる中央卸売市場として1931年(昭和6年)に開場しました。以来85年に渡って水産物・青果物の流通の中心として横浜市民の食を支えています。2015年度の市場統計によると、青果物の取扱量は約39万6,205トン、取扱金額は約1,048億469万円となっています。

%e5%b8%82%e5%a0%b4 今回の「エシカル消費講座」は、この市場で、1941年から青果物卸売を手がける「藤岡食品」3代目・藤岡輝好さんが講師です。

 藤岡さんは、特に横浜・神奈川県産の野菜の流通に力を入れています。また、2005年からは、生産者と流通中間業者と消費者のつながりを強め、青果物についての知識を深める「よこはま青果塾」を仲間とともに立ち上げ、現在も活動を続けています。また、横浜市が認定する地産地消消費の推進役「はまふうどコンシェルジェ」として、市民・飲食店主ら多様なメンバーとコラボレーションしたイベントなども企画しています。

 今回の講座では、横浜市中央卸売市場を見学し、青果物流通の現状について知識を深めた後、藤岡さんを講師に、私たちがふだん食べる野菜の流通、横浜で生産される野菜の種類や生産量、生産者の思い、横浜・神奈川の野菜を私たち消費者が選ぶ意義などについて「野菜のプロ」の目を通して語っていただきます。

<実施概要>
☆第5回:横浜の野菜を食べる意義と楽しみ~中央卸売市場で野菜の流通・地産地消を考える
日時:12月1日(木) 13時30分〜(13時受付開始)
1330-1350 挨拶・市場の概要説明
1350-1440 市場見学
1440-1450 休憩
1450-1520 横浜の青果事情 
★市場内でどのように野菜や果物が運ばれ、それらがどのような業者によってさばかれ、保管され、流通に流れていくのか?
★中央市場の流通での役割や位置づけ、食の安全を守るための役割について場内を視察します。
★地産地消の観点から横浜野菜について、中央市場として全国から運ばれてくる野菜についての話
★流通の過程で出てしまう野菜のゴミや食品ロスについての話
1520ー1540 質疑応答・終わりの挨拶

全体コーディネート:藤岡食品 藤岡輝好社長
http://www.fujioka-shokuhin.jp/

会場:横浜市中央卸売市場(青果部) 研修室(横浜市神奈川区山内町1)
https://www.facebook.com/city.yokohama.market.honjou/

参加費:500円(資料代)
主催:横浜市経済局/横浜コミュニティデザイン・ラボ

▽お申込み方法
「12/1消費者養成講座参加希望」のタイトルにて、お名前、メールアドレス、連絡先電話番号を記載して「info@yokohamalab.jp」までご連絡ください。集合場所についての案内をメールでお送りいたします。
15139448_1119908231391134_452895159_n

▽エシカルとは
 人や社会、環境に配慮しようとする考え方やそのような商品、サービスを選ぼうとする行動のことを言います。

▽本講座の紹介
 本講座は、「消費者市民社会の実現」に向けた市民向け講座です。消費者市民社会とは、消費者一人ひとりが人や環境に配慮した消費行動を積極的に行う社会のことを言います。例えば、日常生活で購入する商品が、どこで、どのように作られているかを考えて選択することがその一つです。講座の企画・運営は、NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボが担当。横浜市経済局と、横浜市市民協働条例にもとづく協働契約書を定めて実施しています。

▽「ソーシャルな消費者養成講座」これからの予定
☆全体フォーラム:公開フォーラム「倫理的消費について考える」(仮題)(調整中)
日時:2017年1月 
会場:未定
より良い社会に向けて、人や社会・環境に配慮した倫理的消費への関心が高まっています。消費行動の変化の実情や、日本の経済社会の高品質化をもたらす大きな可能性を秘めている倫理的消費を広めていくために横浜で市民や、事業者、NPO、行政が連携して始められることについてディスカッションします。

【終了分】
☆第1回:よこはま家庭ごみ事情〜わたしたちのごみから「消費」を考える=終了
日時:9月13日(火) 19時〜21時 
会場:さくらWORKS<関内>(横浜市中区)
「食品ロス」について、処分・活用に携わる企業担当者、環境問題に意識を持った若者を育てる活動を展開する一般社団法人、「リデュース・リユース・リサイクル」を進める横浜市の3つのセクターの方々にお集まりいただき、それぞれの立場から「市民にできること」を探っていきます。
https://www.facebook.com/events/1645739462405815/

☆第2回:ネパリ・バザーロ 土屋春代さんを招いて=終了
日時:9月29日(木) 19時〜21時 
会場:さくらWORKS<関内>(横浜市中区)
横浜市内で、ネパールの人々が手織りした洋服や、無農薬有機栽培のコーヒーなどを販売するショップ「ベルダ」を運営する「ネパリ・バザーロ」の活動や支援の現在について代表の土屋春代さんにお話をおうかがいします。
https://www.facebook.com/events/1786882431536673/

☆第3回:野菜直売所「フレスコ」&苅部さんの畑で地産地消を考える
日時:10月24日(月)14時〜16時30分 
会場:野菜直売所「フレスコ」&苅部さんの畑(横浜市保土ケ谷区)
保土ケ谷区・相鉄線西谷駅近くの野菜直売所「フレスコ」と畑で地産地消を知る体験型講座を開催します。江戸時代から続く農家の第13代目となる苅部博之さんを講師に迎え、実際に野菜が育てられ、販売されている現場を見学し、横浜の農業を担う農家さんの声を聞きながら、地産地消の意味・価値について学びます。
https://www.facebook.com/events/848415798622671/ 

☆第4回:鶴見資源化センターでリサイクルの現場を知る
日時:10月28日(金)13時〜 
会場:鶴見資源化センター(横浜市鶴見区)
ペットボトルや缶などのごみが、回収されたあと、どのようにリサイクルできる状態に処理されていくのか、現地でたしかめます。自分の身近なものが変化していく様子を見学しながら、環境への気づき・学びを得られます。
https://www.facebook.com/events/293885204316667/