6月16日(月)9時30分~17時45分 横浜港大さん橋国際客船ターミナル CIQプラザで開催される「横浜・神奈川 オープンデータフォーラム」の運営をお手伝いいただけるボランティアスタッフを募集します!

当日の前にスタッフで集まり、タスクの振り分け、当日の動きの確認を行う事前MTGを開催します。
当日までの準備、当日の運営(一部でも可です!)をお手伝いいただける方、ぜひ、お越しください。

日時:2014年6月10日(火) 19時~20時
会場:さくらWORKS<関内>  横浜市中区相生町3-61泰生ビル2F

申込方法:お申し込みは、facebookイベントページで「参加する」を押していただくか、メールでinfo@yokohamalab.jpに件名「オープンデータフォーラム、ボランティアスタッフ希望」と書いてお申し込みください。

facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/738909332819598/

 

▼イベント概要

『横浜・神奈川 オープンデータフォーラム~オープンデータで、自治体の未来を切り拓く~』


1 趣旨
 今、行政が保有する公的な情報を、誰もが自由に使え、再利用や再配布が可能なデータとして提供するオープンデータの取組が、欧米を中心に、日本においても広がっています。
 オープンデータの意義は、情報を単に公開して見せるだけはなく、活用するところにあります。行政の持つ膨大な量の情報を「資産」として捉え直し、誰もが自由に活用できるオープンデータとして流通させる。そして、オープンデータを市民や企業が自由に編集・加工すれば、それによって地域の課題を解決したり、新たなサービスや産業を生み出して行くことも可能になります。さらには、データと共に知恵や技術が相互にシェアされていくことで、ソーシャル・イノベーションが起こることも期待できます。
今回の「横浜・神奈川 オープンデータフォーラム」では、オープンデータの基本的な思想や政策、海外や国内の先進的な事例について、行政と民間の参加者間で共有化すると共に、オープンデータの利活用によって、自治体の未来を切り拓くという観点から、今後の施策や事業のあり方について意見交換を行います。
これによりオープンデータを推進する神奈川県内の自治体のネットワークを形成すると共に、全国の自治体や推進団体などに呼びかけ、神奈川の地からオープンデータの新しい潮流を全国に向けて発信します。

2 日時
2014年6月16日(月) 9時30分~17時45分

3 場所
横浜港大さん橋国際客船ターミナル CIQプラザ
(横浜市中区海岸通1-1-4)

4 内容 (敬称略)
9:30~
(1)主催者、共催者、後援者挨拶

9:45~
(2)オープンデータの思想と基本的な取組のあり方について(パネルディスカッション-1)
オープンデータの根本にある思想とその取り組みのあり方について、また、地域における自治体と企業・技術者との連携などについて、ディスカッションします。
◎モデレーター
関 治之(Code for Japan 代表)
◎パネリスト
庄司昌彦(国際大学GLOCOM、一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン代表理事)
村上文洋(オープンデータ流通推進コンソーシアム 事務局)
原 亮(Fandroid EAST JAPAN理事長)

11:00~
(3)オープンデータ推進の課題とポイント〜技術的側面と法的側面から〜(パネルディスカッション-2)
オープンデータを支える技術的基盤と法的ツールのあり方について、有識者のディスカッションによって明らかにします。
◎モデレーター
杉浦裕樹(NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 代表理事)
◎パネリスト
平本健二(経済産業省 CIO 補佐官/東京大学公共政策大学院)
渡辺智暁(クリエイティブコモンズジャパン常務理事)
武田英明(国立情報学研究所教授、NPO法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ 理事長)

<休憩・昼食> 12:15~13:00

13:00~
(4)企業から自治体に向けたオープンデータの提言
オープンデータに積極的に取り組む企業各社からのプレゼンテーション

<休憩・場面転換> 14:15~14:45

14:45~
(5)オープンデータの利活用を考える(分科会形式の事例報告とディスカッション)
・分科会1
「オープンデータによる地域プロモーション-旧東海道をテーマに」
モデレーター:上野直樹(東京都市大学メディア情報学部教授)
・分科会2
「ICTを活用したオープンガバメントー広報、市民参画、課題解決」
モデレーター:藤井博之(NPO法人ASP・SaaS・クラウドコンソーシアム理事)
・分科会3
「オープンイノベーションと地域経済の活性化」
モデレーター:関口昌幸(横浜市政策局政策課担当係長)

16:45~
(6)全体報告会
各分科会の議論内容の共有化

17:30~
(7)閉会挨拶

※ ブース展示
行政・企業・NPO等の活動紹介
※出店希望者は事務局までお問い合わせください。

5 対象者
県内自治体職員、県内推進団体、企業、全国自治体職員、全国推進団体、NPO等
定員:300名 参加費:無料

6 主催
横浜オープンデータソリューション発展委員会
http://yokohamaopendata.jp/

7 共催
オープンデータ流通推進コンソーシアム
http://www.opendata.gr.jp/
クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(NPO法人 コモンスフィア)
http://creativecommons.jp/
横浜港大さん橋国際客船ターミナル指定管理者 相鉄企業株式会社
http://www.osanbashi.com/

8 後援
神奈川県、横浜市、横須賀市 ほか 県内自治体に申請準備中

9 協力
総務省関東総合通信局 (調整中)
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/
関東ICT推進NPO連絡協議会 (調整中)
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/ai/npo/
一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション
http://okfn.jp/
NPO法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ
http://linkedopendata.jp/
一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパン
http://www.opencorporates.jp/
Code for Kanagawa
https://www.facebook.com/CodeForKanagawa/
NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ
http://yokohamalab.jp/

10 参加申込み方法
facebookイベントページで「参加する」を押していただくか、メールでyokohamaopendata@yokohamalab.jpに件名「オープンデータフォーラム参加希望」と書いてお申し込みください。申込みフォームも準備中です。

<問い合わせ>
横浜オープンデータソリューション発展委員会事務局(横浜コミュニティデザイン・ラボ内) 045-664-9009 yokohamaopendata@yokohamalab.jp