協働オフィス「さくらWORKS<関内>」に拠点を置くまちづくりの非営利団体です
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • EVENT

EVENT

EARTH HOUR 2019 市民ディスカッション~ローカルグッドなSDGsの実践に向けて~

◆日時 2019年3月30日(土)15:00~18:00◆会場 青少年交流・活動支援スペースさくらリビング 第1研修室    横浜市中区桜木町1-1ぴおシティ6F     http://yokohama-youth.jp …

2/20・2/27 横浜市青少年育成センターで「これで安心!SNSを活用した広報・PR講座」 

青少年育成・若者支援分野の活動で、SNSはいまや欠かせない広報ツールです。 「SNSってよく分からない」という方、「団体の広報・PR活動の一環としてFacebookやTwitterを活用してみたい!」という方、「すでに活 …

2/7 関内まちづくり振興会 勉強会「関内のまちづくりを考える 〜関内リビングラボの可能性」(政策デザイン勉強会vol.55)

<趣旨>  関内地区は、横浜開港の後、西洋文化を取り込みながら様々な新しい商品やサービスを産み出してきた街で、さまざまな分野の事業者と行政関連施設が集積し、横浜のハブとして文化・経済をけん引してきた。  2018年10月 …

2/6 共創ラボ:「誰もが生き生きと暮らし、楽しく訪れることができるインナーハーバーを目指して 〜ロンドン五輪のレガシーに学ぶ」

1 趣 旨 超高齢・人口減少社会を迎え、高齢者の方も、障害者の方も、子育て中の方も、外国の方も、誰もが生き生きと暮らし、楽しく訪れることのできるインクルーシブデザインの考え方に基づいて、横浜という都市全体をいかに再構築し …

2/1 共創ラボ:超高齢・人口減少社会の横浜市民像を公民連携で描く〜ダイバーシティ・インクルーシブ・オープンイノベーションの視点で

超高齢・人口減少社会を迎え、高齢者も、障害者も、子育て中の方も、外国とつながる方も、それぞれの生活価値観やライフスタイルに応じて、誰もが生き生きと暮らし、また他の地域から訪れても快適に、楽しく過ごせる都市として横浜を再構 …

12/10 横浜における「ナイトタイムエコノミー」促進のためのアプローチを考える(政策デザイン勉強会vol.53)

ナイトタイムエコノミーは、飲食やクラブなどの夜遊びだけでない「日没から翌朝までに行われる経済活動」の総称です。国は訪日外国人の消費額を2020年に8兆円にするという目標をたてています。2016年の風営法改正をきっかけに動 …

9/27 ローカルアクターズ会議 September 2018 in Yokohama ~美味しく楽しく農に触れる生活・都市型農業の未来~

●企画の目玉 都市近郊農業の魅力を実践者の声から学べます ●ゴールビジョン ・地域プロジェクトに踏み込んでみたい大学生が何かできそうだと思うこと ・地域活動に携わる人や社会人が若者の考えから刺激を得ること ●概要 「農」 …

【小中学生の受講生募集】かながわICTクラブ プログラミング教室

かながわICTクラブ運営協議会では、2018年9月から12月まで全5回実施されるプログラミング教室の受講生(小中学生)を募集いたします。この事業には横浜コミュニティデザイン・ラボも参画しています。ファブラボ関内とも連携し …

8/18 和田芽衣 「わたしと娘」出版記念トークイベント

6月9日に出版した『わたしと娘』の記念トークイベントを、出身地である横浜で開かせて頂きます。難病・進行性の病・障害を持って生きていく娘を育てることが、私にとってどのような意味を持っていたのか。なぜ写真を大量に残そうとした …

8/14 政策デザイン勉強会vol.51「地域における子どものプログラミング教育を考える」

51回目の「政策デザイン勉強会」を8月14日(火)に「地域における子どものプログラミング教育」をテーマに開催します。 株式会社教育ネット(都筑区)が申請した総務省の公募案件「地域におけるIoTの学び推進事業」による高校生 …

1 2 3 13 »

アーカイブ

カテゴリー

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.